スクーリングや定期試験に備えて!場所で学校を選ぼう

通信制大学で学ぶには大学の場所も大切です

大学で専門的な知識を学びたいが、仕事や家庭の都合で昼間や夜間の学校に通うのは難しい、そんな時は通信制大学で学ぶ方法があります。通信制大学の利点は、毎日学校に直接通わなくても、自分の都合のよい時間に勉強できることです。でも、通信制大学を卒業するには、全て自宅だけの勉強でよいというわけではなく、一部スクーリング(面接授業)を受けなければなりません。

通信制大学を選ぶ時は、まず自分が何を学びたいのかをはっきりさせます。次に、学びたい学科がある大学をリストアップします。決まった時間に通学できないという人だけでなく、経済的な理由から通信制という学び方を選ぶ人もいます。できれば、なるべく近い大学の方が、直接大学でスクーリングや試験を受けなければならない時に交通費の負担を減らせます。

地方でスクーリングや試験が受けられることもあります

通信制大学によっては、他の大学で開講していない科目に生徒が集中する場合があります。大学から自宅まで通学時間や費用がかかる人が多い場合は、土日祝日に地方でスクーリングや試験を受けられることもあります。あらかじめ、自宅近くでスクーリングが行われることがあるか、定期的に近くで試験を受けられる場所があるかを確認しておくとよいでしょう。 スクーリングは土日を利用して2日間行われる事があり、遠方の場合は自宅に戻れず宿泊を伴う可能性もあります。自宅から通える範囲にある大学なら、交通費や宿泊費は大きく節約できます。 通信制大学で学ぶ場合は、将来のために勉強しておきたい、資格を取るために大学卒業資格を取得したい等、いろいろな目標があります。あまり自宅から遠い大学だと途中で通えなくなる不安もあります。通いやすい場所にある大学を選ぶことは、挫折せずに学ぶことにもつながります。

英語の教員免許を通信講座で取る方法はわざわざ学校に通う必要がなく、自分のペースで学びやすいことがメリットです。

© Copyright Media And Communication Industries. All Rights Reserved.